PC遠隔事件について

PC遠隔事件が問題になっていますね。
本日のニュースで片山被告が事実を認めました。
つまり彼が犯人だったということです。

実は私は昨日初めてニュースで片山被告を拝見させてもらったのですが、
なんかこう気持ちの悪い男でした。

あれだけ国民や警察を煽り、
テレビに出ている片山被告ですが
人目を気にすることなどないのでしょう。
髪型もボサボサで目がグリっとしてて、
服装母親がスーパーで買ってくるような感じのものです。

32歳とは思えぬ容姿です。
おそらく恋人もいないでしょう。
いたとしても同じような部類じゃないでしょうか。

こういう人が自宅にこもりパソコンを使って世間に不安を与えている…
ものすごく怖いですよね。

私は人目を気にしない人ほど怖いものはないと思っています。

社会には警察がいて、
警察が犯罪を抑止してくれているのは間違いありませんが、
警察だけではありません。

普通に歩いている人々だったり、
小さい村や町なら近所付き合いだったり、
そういう他人が犯罪の抑止に一役買っています。

そういうものが片山被告には通用しないかと思うと、
これほど怖いものはありません。

今回は片山被告が裁判を行っている時間帯に
彼が犯人ではないという真犯人からのメールで問題になりました。

しかし、そのメールは遠隔操作で送られたものであって、
結局は本人の自作自演だった訳です。

あえて裁判の時間に送ってくるあたりが
逆にあからさまのような気もしますが、
その辺りがこの片山被告の浅はかさでもあるような気もします。

確かにアリバイは作れますが、
それにしてもあまりにもあからさま過ぎませんか?

彼は頭は良いのかもしれませんが、
あくまでパソコン上の頭の良さであって
対人間ではあまり頭が良いとは感じませんね。

こんなことで有名になっても仕方ありません。
ただ世間に気持ち悪いと言われるだけです。

皆さんも絶対にしないようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加